Q&A:よくある質問

社会保険労務士は何をしてくれるのですか?
「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家です。

労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。
具体的には、面接・採用のコンサルティング、就業規則の作成や見直し、定年再雇用制度のアドバイス、給与計算、助成金の申請代行などを行っています。
行政書士は何をしてくれるのですか?
「行政書士」は、皆様に代わって書類を作成いたします。

他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。
具体的には、会社の設立における定款の作成、車庫証明書の申請、遺言書の作成アドバイス、相続手続きにおいては、司法書士、土地家屋調査士、税理士など他士業の窓口的役割を果たしています。
費用はどれぐらいかかるのですか?
業務内容に応じて報酬額を設定しております。

詳しくは業務一覧をご覧ください。
 
 
そちらの事務所へ伺わないと相談にのってもらえませんか?
ご都合にあわせて出張相談も承っています。

遠慮なく仰ってください。
 
 
相談料はかかりますか?
すぐにお答えできる一般的なことであれば、相談料はいただいておりません。

ただし、個別具体的なことやご理解いただくにあたって、法律の解釈など説明を必要とする内容など場合によって相談料を頂戴しております。
 
何曜日がお休みですか?
事務所は毎週土曜、日曜日、祝日が休みとなっています。

休日でも、あらかじめご相談いただければ可能な限り、対応いたします。
また、営業時間は午前9時から午後6時となっています。
 
電話をしたら留守番電話になりましたが、事務所へは誰もおられないのですか?
所長も事務の者も出かけて不在のときは、転送電話の設定をしております。

ご不便をおかけし、申し訳ございません。留守番電話にメッセージを残していただければ、こちらから再度おかけ直しいたします。