保険料を素早く計算する方法20140401

●保険料を素早く計算する方法

毎年4月は保険料の計算の切り替え時なので、
間違えないように計算したいものですね。
平成26年度の雇用関係の保険料は、介護保険料以外据え置きのため、
介護保険料以外は、料率を変更する必要がありません。
さて、保険料率は、通常パーセント(%)で表示されていますが、
計算をするとき、給与を千円単位にすると、早くできます。
例えば、雇用保険料の計算は「総支給額×0.5%」ですが、給与を千円単位にし、
5をかけたほうが(0.5%=1000分の0.5であるため)計算が早くすみます。
(ただし、総支給額の端数が100円単位ぐらいまでであればわかりやすのですが、
1円単位であるとパーセントをかけたほうがわかりやすいかも…)
賞与で健康保険と厚生年金保険料を計算する場合、
千円未満切り捨で計算しますので、便利です。