「『働き方改革』の実現に向けて」 20180901

働き方改革関連法が来年度より順次施行されていきます。
そこで、主な見直し内容について掲載します。
詳しくは、厚生労働省へのホームページにリンクを貼っていますのでご覧ください。

【主な見直し内容と施行時期】
●残業時間の上限規制 (施行時期:2019年4月1日~)
現在、法律上は残業時間の上限がありません。(行政指導のみ)改正後は法律で上限を定め、
これを超える残業はできなくなります。

●年5日の年次有給休暇の取得の義務付け (施行時期:2019年4月1日~)
現在、労働者自ら申し出なければ年休を取得できませんが、使用者が労働者の希望を聞き、
希望を踏まえて時季を指定し、年5日は取得してもらうようにします

●フレックスタイム制の拡大 (施行時期:2019年4月1日~)
現在、労働時間の清算期間が1ヵ月のところ、労働時間の清算期間を3ヵ月とすることができます。
これにより3ヵ月の平均で法定労働時間内にすれば割増賃金の支払は不要です。

「働き方改革」の実現に向けて↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html