代表者ブログ


せのじむこと岡山県井原市の社労士・妹尾です。

事務所の月初は、委託を受けている給与計算業務から始まります。
毎月、11~12日過ぎまでは、自然と緊張する日々を過ごしています。

給与計算は間違いができない業務だからです。
ですが、間違いのないよう確認したつもりでも、間違うことがあります。

そのとき、なぜ間違えたかを、仕事の手を止めてスタッフのみんなと
話し合うようにしています。

人間誰しも、間違うことはあります。
だからといって、間違っても仕方がない、と思っているわけではありません。

間違ったときに、その後、どう対処するかが大事だと思います。

間違いがあったときは、すぐお客さんへ連絡し、事情を説明し、
対策を報告(提案)します。

場合によっては、再発防止のためお客さんに協力を依頼します。

間違えたことはいけませんが、その後の対応まで間違えてはいけません。
間違いを間違いとして受け止める素直さを忘れてはいけません。

先日、某郵便局でのこと。

いつも差し出す窓口が閉まっており「隣へ来てください」とあります。

案内される方へ向かうと、応対してくれた職員の方が
「なぜ、これを持ってきたの?」という対応。

まず、それで少し「?」と思いました。

「ここへ持ってきてくださいと貼り紙があるし・・・」

という私の言葉を遮り、矢継ぎ早に質問され、

(「こっちは、もう何年も使っているのになあ・・・」という私の心の声)

最後に
「次から〇〇でしてくださいね!!」

内心は、
(おいおい、そんなの初めて聞いた(言われた)よ~)

と、ここらへんで、あまりにこちらの話しを聞いてくれず、
一方的な質問と要求をされるので、
少し「クレーム」もどきを言いたくなりましたが、
隣にいるいつもの窓口職員の方が困惑された表情をされていたので、
何か事情があるのかなと思いやめました。

このことから学んだこと。

「クレームを言いたくなるときは、人の話しを全然、聞いてくれないとき」

自分自身で体験しないと、わからないことはたくさんありますね。

私自身、気づかないうちにしていないか、
それはお客さんだけでなく、スタッフに対しても同様のことをしていないか。

もう一度、自分自身を振り返ってみようと思った、よい一日でした。
えn

本当かどうかわかりませんが、テレビを見ていると
芸人の方が「芸の肥やし」と、破天荒なことを
あえてすると仰る方がいます。
(どのような破天荒なことかは、ご想像にお任せします)

一般人で、同様のことをしている、内容によっては、
職場の和を乱し働きづらくなるか、行き過ぎると
職を失う羽目になるかもしれません。

先日、参加した研修で講師の方が、ブログを16年間
毎日、欠かさず書いていらっしゃるとうかがったのです。

よく、毎日ネタが尽きないなあと思ったのですが、
うかがったときの率直な疑問でした。

その先生曰く「ネタが尽きるどころか、日によっては、
1日2回以上書きますよ!」とのこと。

やがて、研修を聞いていくうちに、その秘訣が徐々にわかってきました。

どんな日常にも、どんな些細な出来事にも、見方によって
新しい発見があるということを講師の先生がお話ししてくれたのです。

そうですよね。私たちは昨日とは違う新しい毎日を過ごしているんですよね。

今日は、昨日の繰り返しではなく、新しい1日の始まりなのです。
そう考えると、今日という一日が新しい発見の連続のように思えて
くるのですが、いかがでしょうか。(←ちょっと、能天気!?)

先日に引き続き、研修へ行ったときの失敗談2。

たまに研修等で行く会場だったせいか、
油断していて、うっかり曲がるべき道を間違え、
まっすぐ行ってしまいました。

通りすぎたときは、もう後の祭り。

県庁所在地のある市内なので、中央分離帯や
一方通行の標識にはばまれ、なかなか目指すべき
研修会場の方向へ曲がれません。

開催時間があと15分、10分と迫ってくるなか、
気ばかり焦ります。

こんなとき交通事故を起こしやすいことを、
経験から理解しているつもりなので、
「焦ってみても仕方ない」
「開催時間に遅れても頼めば会場に入れてくれるだろう」
「こっちはお金を払っているんだ!」と
へ理屈も織り交ぜがながら、自分に言い聞かせ、
努めて冷静に運転します。(しているつもり)

こんなときは、焦らず、
「時の流れ」ではなく「交通の流れに身をまかせ」
次の曲がるポイントを探すのが得策です。

結果的に、すべりこみセーフで会場入りができました。
どんなもんよ!!(←いや、いばるところ違いますね(笑))

社労士会の研修等で、たまにいく会場へ行ったときのこと。

2階にあがって研修が行われる部屋を探したところ、
見つかりません。

「まさか、日にち、または場所を間違えた!?」
と思い、手元の案内書を確認しますが、日にちも場所も間違いない。

何度も会場の案内板と手元の案内書を見比べます。
でも、研修が行われる部屋が書いていない。
「なぜ??」

そうこうしているうちに開催時間が刻々と迫ってきます。
気ばかり焦ります。

これはもう受付に聞いたほうが早いなと思い、
(とっさにそう思ったのですが、会場を間違えていたら
恥ずかしいと思い再度、日にち場所を確認してから)
手元の案内書を見せると、

「この研修なら7階ですよ」と。

思わず目が点に。
「え!?」
「この施設に7階があったんですか??」

いつも2階でしか、研修やセミナーを受けたことがないため、
まさか7階があるとは思いもしませんでした。

結局、ぎりぎり開催時間には間に合ったのですが、
いったんこうと思ったら、それ以外のことが頭に浮かんでこなくなる
思い込みは怖いなあと感じました。

たまに、常識を疑ってみることも必要ですね。

事務所代表のブログは引き続きこちらでご覧ください。

岡山県井原・笠岡・広島県福山市の社会保険労務士・行政書士せのじむのなせば成る」は
以下より閲覧可能です。
http://ameblo.jp/senojimu/