代表者ブログ


いつも当事務所のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
代表の妹尾です。

今日は真面目なお話しを。
(え、いつも真面目!?)

コロナ禍になり思うこと。
それは、日本人は真面目過ぎることです。

真面目=きちんとしている、はとてもよいことですが、
度が過ぎると自分だけでなく、他人に真面目が向けられてしまうのです。

コロナになり「自粛警察」という言葉生まれました。
コロナにかかると「アウト」という風潮になっています。
医療従事者やその家族を避ける雰囲気があります。

真面目が行き過ぎると、他人を傷つけてしまうこともあります。
真面目がいけないわけではありませんが、
もっとおおらかに、もっと人を許せる世の中にしたいと思います。

真面目な話しでした。

いつもお読みいだき、ありがとうございます。
代表の妹尾です。

皆さんの会社には、テレワーク規程がありますでしょうか?
「いやいや、テレワーク規程どころか、うちはお店だからテレワークなんかできないよ」
という声が聞こえてきそうです。

そうですよ。
今までテレワークをしたことがないのに、テレワークなんて、と思われますよね。

でも、今日の日経新聞に製造業の現場の方がテレワークで溶接をしているという記事がありました。
すごいですね~。

こういう情報を聞くと、もしかして「できないのではなく、しようとしないだけ?」
なんて思ってしまいます。

テレワーク規程のひな型もありますので、規程をうめながらテレワークをするうえで
何が必要で、何をポイントにすればよいのか、ちょっと考えてみませんか。

いつもありがとうございます。
事務所代表の妹尾です。

アフターコロナという言葉が呟かれています。

コロナが終息したときにどのような未来が訪れるのか、興味関心があるところですが、
アンテナを張っておられる経営者にとっては、方向転換を図り、あるいは今の経営軸を
ずらしたりと、気になるところだと思います。

経営者はお客だけでなく、社員さんのことも考えながら、アフターコロナの方向性を
決定しなければならないと思います。

また、アフターコロナを語る以前に、社員目線で見たとき自分の会社が何のために事業をし
自分自身どのような役割を果たしているのかはとても重要なことだと思います。

今更ながら、会社の理念や経営方針は社員の皆さんに浸透しているでしょうか。
地方にいても、会社に出社せず仕事ができる時代がやってきます。

そのとき会社の経営理念は、社員にとって重要なファクターになってきます。
コロナ禍によって、それが浮き彫りになったように思います。

あけましておめでとうございます。
本年もせのお社会保険労務サポート事務所をよろしくお願いいたします。

ある方が、波の中にいてもその動きはゆっくりだけど、俯瞰してみると
確実に一定の方向に流れていることがわかる、と言っていました。

今、どこにいるのか立ち位置をとらえながら経営していくことが
とても重要ではないかと思います。

当事務所では、経営、労務、法律のバランスをとりながら、皆様の経営活動を
支援してまいりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもお読みくださり有難うございます。
社会保険労務士の妹尾です。

みなさんの職場では、働き方改革は進んでおられますか?

最近になって感じるのは、働き方改革の目的を考えず進めていると、
意図しない方向にいってしまうこと。

例えば、本年4月1日より年次有給休暇5日間の強制付与義務が企業に課されていますが、
何のために法改正があったかというと、日本は年休の取得率が進んでいないため、
であれば企業に年休の取得を義務付けようということに端を発しています。

趣旨に沿えば、年休を使いやすいようまずは上司が年休を取得するとか、
年休の計画的付与を使い誕生日や記念日に取得できるようにするなど会社が年休の
使い方を示すことが必要ではないかと思います。

それらを考えずにアナウンスすると、意図しない方向へいってしまうことがあるので
要注意です。

いつもお読みいただき有難うございます。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

毎月1回、有志で継続している早朝読書会「いばら朝喝同好会」が、
本日の開催で100回目になりました。

当たり前ですが、1回目から1回ずつ積み重ねていっての100回です。
たかが100回、されど100回ですが、1回ずつの大切さを改めて思います。

読書会は、1つのテーマに沿って、みんなで感想を述べ共有しあいます。
同じものを読んでも、3人いれは3通りの考えがあります。

自分一人では、一通りの考えしかできませんが、3人いれば他にも2つの考えに
気づく機会を得る場所であると思っています。

次は10年を目指してみんなで頑張っていきたいと思います。

いつもお読みくださり有難うございます。
にわかラグビーファンの妹尾です。^_^;

惜しかったといいいますか、よく頑張りましたよね。
日本代表。見事なベスト8でした。

ラグビーの魅力って、体が大きな選手は前でスクラムを、
体の小さな選手は、後ろからボールを回す。

チームが一体となってボールを一つ一つつないでいき、
ゴールを目指すという誰もがヒーローであるところだと思います。

企業活動においても、ラグビーと同じように
大きな企業は、大きな企業しかできないことで突破口を開き、
小さな会社はその特性を活かして活躍することができれば、
素晴らしいチーム日本になれそうな気がします。

いつもお読みくださり有難うございます。
社会保険労務士の妹尾です。

今日は、毎月購読している致知という雑誌から、戦後最年長の41歳でプロ棋士になった
今泉健司さんをご紹介したいと思います。

今泉さんは福山市出身で、中学卒業後プロ棋士を目指して挑戦するも26歳の誕生日という
期限までにプロになれず、いったん夢をあきらめてしまいます。

その後、年齢制限のルールが撤廃され、再び、プロ棋士を目指しますが、またもや今泉さん
は壁にぶち当たります。

それは最初にプロ棋士になれなかったときと同じ「自分自身への甘え」でした。

そのとき今泉さん36歳。
両親の勧めで介護職をしていたとき、認知症の方前に、初めて相手を慮るという大切さを知ります。

「自分は一人で生きているのはではない、皆さまのおかげで生かされているんだということを、
三十六歳にしてようやく気づくことができたんです。」

今泉さんは語ります。

「すこし傲慢な表現かもしれませんが、将棋の力の面で言えば、昔からそれなりに実力はあったと思うんです。
でも心の力が足りなかった。自分の甘えを律する力、弱さを受け止める力、周囲に感謝する力など、
心が鍛えられていなかったから、強くなれなかったのだと思うのです。」

少し遠回りの今泉さんの目標達成にお祝いと、これからの活躍にエールを送りたいと思います。

いつもお読みくださりありがとうございます。
本日はお休みなので、軽い話題を。

毎年、この時期は両親を連れて、食事や温泉に誘っています。
日頃の感謝を込めて、せめて年1回は親孝行の日と決めています。

今回、行く予定はなかったのですが、たまたま止めた観光地の駐車場のそばに
酒蔵があって、見学ができるとありました。

酒蔵の中を見学できることって 滅多にないので、せっかくなので
日本酒の作り方をレクチャーしていただくため入ってみました。

お邪魔したのが三宅酒造株式会社さん。
とても優しそうなご主人が約30分ほど案内してくださいました。

メモをとれなかったので記憶だけですが、記載しておきます。

・大吟醸は精米歩合35%のためクセがないので食中酒として飲むとよい。
・神戸の水は硬水を使っているので辛口に、京都の水は軟水を使っているので甘口の 傾向にある
・熱燗にするのは日本酒を杉の桶に保管していたため杉の香りが移ることを嫌った人が温めたことによる
・ちなみに杉の玉が酒蔵に吊るされているのはそのため
・辛口の指数はマイナス表記、甘口の指数はプラス表記で表される
・発酵を早くやめると甘口に、長くすると辛口になる
・甘口と辛口、いずれを作るかは酒蔵の方針によるが、そのときの発酵状況により選択することもある

ますます、日本酒が美味しく感じられるようになってきました。

たまに目的地でないところへ行ってみるのも新しい発見や出会いがあるので、
いいものですね。

いつもお読みくださり有難うございます。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

今日は、採用面接でしてはいけないことをお話しいたします。
私がいつも助言することとして、その場で採用の決定を伝えてはいけない、ということです。

なぜそれがいけないのか?

それは、面接という短い時間で(長くて1時間ぐらいでしょう)人を見抜くことは難しく、
早急な結論は、ミスマッチにつながる可能性があるからです。

また、応募した側も、自分が真剣に仕事探しをしている熱量に比べ、求職者側のあまりにも
あっけない採用決定にホントにこの職場でいいのか、かえって不安を覚える可能性があるからです。
(辞退につながる可能性が高くなります)

また、面接をしてその後、選考期間があってから合否の通知をもらうという過程も大事です。
採用面接という一種の出会いから採用までの時間も決して無意味なことではないと思います。

私が採用現場にいたときは、どんなに喉から手が出るほど採用したいと思っていても、
必ず1日以上空けてから合否の通知をするようにしていました。

ただし、どんなことにも例外があって、応募者がどうしてもその職場でなければいけない
理由があれば即決したとしても、辞退につながる可能性は少ないでしょう。

その人にとって「唯一無二の職場」になれば、このセオリーも通用しないのです。

いつもお読みいただき有難うございます。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

採用選考において大切なことは、採用基準を明確にしておくことです。
採用基準を明確にすると、選考においてブレることが少なくなります。

例えば、事務職を採用する場合、私の事務所でいえば計算をすることが
多いため、能力基準においては数字に強い人という基準を設けます。

情意では、変化に対応できる人を求めます。
法改正やクライアントの状況により、こちらがわの対応を変化させるほうが
よいケースがあるためです。

そのように採用基準を決めると、おのずと求人の際にどのような人を採用したいか
明確になってきます。

次に通勤圏内で、上記に該当する人がいるかどうか検討します。
私の事務所では、通勤時間20分以内の範囲に住んでいる人と考え、未経験可としました。

その分、教育する体制とツールを準備して、できるだけ早く仕事になれてもらえるような
環境を作っています。

採用基準から逆算していくと、成功に一歩近づくのではないかと思います。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

同じ「戦略社長塾」の先輩で、1位づくり戦略コンサルタント佐藤元相さんが新刊を出されました。
監修は、ランチェスター経営の竹田陽一先生です。

主に経営戦略として活用されているランチェスター戦略を採用に応用した内容です。
その著書を少しひも解いてみましょう。

「採用のルール1」より抜粋
・大手企業に労働条件では勝てない
・人手不足倒産が現実に起きている
・若者との価値観の変化と求人側の温度差

以上から、大手企業と同じやり方をしても採用はうまくいきません。
「同質化」しないよう注意が必要です。

また、人手不足倒産は対岸の火事ではありません。
人が採用できないことより、自社の欲しい人材が採用しにくい現実に着目することです。

そのため採用活動を、営業活動と同じように本気で行っていくことが重要です。
お客を作る気持ちで採用をしていかなければ、欲しい人材の採用は難しいかもしれません。

また、若者の働くことに対する価値観が変わってきていることを現実としてとらえ、
変化に対応する意識改革が求められています。

こんにちは。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

当事務所では、ハローワーク求人票作成の代行もしていますが、必ず依頼者から
ヒアリングをしたのち求人票を作成しています。

そのためすぐに求人票を作ってほしい方にとっては、私たちの行っていることが
希望に叶っていないかもしれません。

私たちがヒアリングをし、それから求人票を作成する理由は「思いを伝える」ためです。
「思いを伝える」ことは、同業他社との差別化につながります。

この過程を簡略化すればするほど、労働条件で比べられる求人に仕上がります。
また、欲しい人材に響かないのっべらぼうの求人票になります。

せっかく求人票を出しても、欲しい人材に応募してもらえないのでは、本末転倒ではないでしょうか。
たかが求人票、されど求人票。せっかく作るなら、思いをのせてみましょう。

前回、求人票の作成をベースにした「ハローワーク活用セミナー」へ参加された方の感想をご紹介します。

・分かりやすかった。何をやればよいか具体的に分かった。
 
・必要なことを話していただいたので、とても役に立つと思います。時間があっという間に過ぎました。
セミナーで勉強した内容を活かしたいと思います。違うセミナーがあれば、また、参加させていただきます。

・具体例も多くわかりやすかったです。求人票も以前のものを条件だけ変えて使うことが多かったのですが、
求職者の目にとまる為には仕事内容や会社の特徴(備考等も)をしっかり考えて書く言葉重要になるのだと思いました。

・とても参考になりました。ありがとうございました。

5月21日に前回をさらにブラッシュアップし、セミナーを開催します。
あと残り6名様までご参加可能です。

お申込みはこちらからどうぞ。

https://senojimu.net/seminar/4316.html

こんにちは。
社会保険労務士の妹尾です。

求人を出すとき、求職者が何を知りたいか
を考えてから募集内容を作成していますか?

その商品について、知りたい機能がわからないのに
買うというのは、勇気がいりますよね。

自分が求めている機能があって、初めて買うか
買わないかの土俵にあげることができます。

思いを語ることももちろん大事ですが(否定はしません)、
相手が「でも年収はいくらになのか」を知りたいとしたら、
まず年収を応えないと次のステップにはいきにくいのでは。

求人も同じです。

求職者が知りたいことが何かを考え、それを伝えることが
求人募集の王道だと思います。

では、どうやって知りたいことを探すのか、
気になった方は、こちらでいっしょに勉強しませんか。

ハローワーク求人票をベースにした採用の法則を学ぶ勉強会はこちら↓
 https://senojimu.net/seminar/4316.html

こんにちは。
社会保険労務士の妹尾です。

求人を出すとき、事業所側の求める労働条件ばかり書いていませんか?

もし、目の前に自分の条件ばかり一方的に話す人がいたらどう思うでしょうか。
たいていの人が、私にだって選ぶ権利があるの、と思うでしょうね。

求人を出すときには原則がありますので、この機会に見直してみませんか?

ハローワーク求人票をベースにした採用の法則を学ぶ勉強会はこちら↓

 https://senojimu.net/seminar/4316.html

ハローワーク活用セミナーを開催します。

人材採用難の職種において、当日ハローワークへ求人票を提出し、当日応募があった手法をご紹介します。
しかしながら求人において、一発必中の方法はないと思っております。

あおる告知文で、参加者を増やしたいと思ってもおりません。
ご参加いただける方が1名であっても開催いたします。

本当に真面目に一所懸命がんばっていらっしゃる会社やお店を応援し、真剣に就職活動をしている方の
お力になりたいと心から願っています。

求人について、お困りやお悩みがありましたら、ぜひご参加ください。
少しでもお力になれれば嬉しいです。

ご案内は、こちらより。

https://senojimu.net/seminar/4316.html

こんにちは。社会保険労務士の妹尾です。
新年21日目となりました。

今週も1週間が始まりました。
今週の事務所のテーマは「プラスワンで行動する」です。

何かをするとき、もう一歩踏み込んで行動することで、
自分自身が進歩していくように思います。

相手のことを思い、プラスワンの行動をすることで、
もっと相手に貢献することができます。

そんなに難しいことをしなくてもいいです。

カレーだってローリエの葉っぱを一枚落とすとか、ソースを隠し味に入れるとか
ほんのひと手間かけてみることで、風味が増して違ったものになりますよね。

プラスワンの行動をすることは、
「今この瞬間に自分は何ができるのだろう?」と
自問自答することになります。

その答えはネットで検索しても、誰かに聞いても見つかりません。
今の自分、今という瞬間を精一杯生きることに他なりません。

さて、今週はどんな新しい自分に出会えるのか、楽しみですね。

こんにちは。社会保険労務士の妹尾です。
新年12日目ですね。

私の事務所では、行政書士業務として、株式会社、合同会社、
一般社団法人等の設立を通じ、起業支援もやらせていただいています。
起業したあと、何が大変かというと成長するより、してきたことを
維持することだと思います。

「起業」すると「企業」になり、「企」とう漢字の部首、
人屋根(ひとやね)の中にある「止」から、成長を止める人が多いと
言われる方もいます。私はそうは思いません。

起業したあと、成長が止まるということはまずないと思います。
月日が経てば、誰でもそれなりに成長していくものです。
新しいことを始めることは、実はそんなに難しいことではないのではと
思います。

それ以上に難しいのは、その場所に「止(どど)まる」こと、
つまり維持していくことです。
それができないと、結果的に成長が止まったように見える(思える)の
でしょう。

最善をつくし、そこへ止まる(維持する)ことで見えてくるものが、
次へのステップへとつながっていきます。
皆さんは、事業を続けるにあたり、大切にしているものを維持していますか。


皆さん、こんにちは。社会保険労務士の妹尾です。
新年8日目です。

私は職業柄、顧問先さんのお手本にならないといけないと思っています。
「いろいろ細かいことを言われるけど、あの人が言うんだったらしゃあないわ」
と、思っていただける人物、事務所でなければと思います。
(まだ、ほど遠いですが。)

最近知った言葉で「気韻(きいん)生動」があります。
たまにお会いしますよね。なんかこの人は違う、という雰囲気を醸し出している人が。
お話しをうかがうと、陰ですごい努力をされていたり、すごい試練を乗り越えてきたりしてなるほどなあと思う方です。
そういう方は、魂が震えているというか、空気を伝って感じるものがあります。

そういう方の足元にも及ばないかもしれませんが、自分なりの努力のやり方というものはあるはずです。

事務所内でもいろいろなことをスタッフとともに(スタッフに課して?)やっています。
きっとうちのスタッフは、また所長が何か始めたと思っているだろうと思います。
(ドキドキ)