「小さな会社採用のルール」より

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
社会保険労務士&採用面接士の妹尾です。

同じ「戦略社長塾」の先輩で、1位づくり戦略コンサルタント佐藤元相さんが新刊を出されました。
監修は、ランチェスター経営の竹田陽一先生です。

主に経営戦略として活用されているランチェスター戦略を採用に応用した内容です。
その著書を少しひも解いてみましょう。

「採用のルール1」より抜粋
・大手企業に労働条件では勝てない
・人手不足倒産が現実に起きている
・若者との価値観の変化と求人側の温度差

以上から、大手企業と同じやり方をしても採用はうまくいきません。
「同質化」しないよう注意が必要です。

また、人手不足倒産は対岸の火事ではありません。
人が採用できないことより、自社の欲しい人材が採用しにくい現実に着目することです。

そのため採用活動を、営業活動と同じように本気で行っていくことが重要です。
お客を作る気持ちで採用をしていかなければ、欲しい人材の採用は難しいかもしれません。

また、若者の働くことに対する価値観が変わってきていることを現実としてとらえ、
変化に対応する意識改革が求められています。