理想の組織

みなさん。こんにちは。社会保険労務士の妹尾です。
お正月に読みたかった本をやっと開くことができ、たまたまその中に、ドラッカーさんのマネジメントについて解説している記事がありました。

そこで、あらためてドラッカーさんのマネジメントについて調べてみると、こんなことが書いてあります。

マネジメントとは
①組織に特有の使命すなわち目的を果たすこと
②組織に関わりのある人たちが生産的な仕事を通じて生き生きと働けるようにすること
③自らの組織が社会に及ぼす影響を処理するとともに、社会の問題解決に貢献すること
(「チェンジ・リーダーの条件」上田惇生編訳 ダイヤモンド社)

私の事務所へ置き換えると
①給与計算、手続き、労務相談、就業規則、助成金などを通じ、本業への邁進と労務について安心を与える
②やりがい、安定した収入、自己実現の場所であること ※前提として安心、安全な場所であること(風通しのよい職場であること)
③クライアントが事業の維持・存続ができ、クライアントの社員が将来設計ができる、即ち、少子高齢化の解消(仕事と生活の調和)と若者が日本の将来に希望が持てるようにする といったところでしょうか。

ドラッカーさんのマネジメントから、理想の組織について、ヒントをいただいたように思います。
皆さんの事業にあてはめると、どのようになりますか。