【情報提供ルートはたくさん使う】20161201

「情報提供ルートはたくさん使う」

● 社労士せのサポのワンポイント!
ますます人手不足感が高まってきました。
人材の採用がうまくいっている会社は、
情報提供ルートをたくさん使っています。
一般的に、募集しても応募がないという会社は、
情報提供ルートの1つ、または少数しか使っていない
ということが原因にあげられるでしょう。
応募者にいかに見つけてもらうかは、
採用活動の最初のハードルになります。
あまりお金がかけられない場合は、
フェイスブック、ブログなどのSNSを使って情報発信をしっかり行い、
応募者と仲良くなることも1つの方法です。
お金をかけるか、手間をかけるか、
中小企業は手間をかけることから始めたほうがよさそうです。