【失敗しない求人広告3つのポイント】20170201

失敗しない求人広告3つのポイント

◎失敗しない求人広告3つのポイント
◆自社の採用したい人物像
どのような人を採用したいのか明確にする。
経験、資格、年代など具体的に考える

◆求職者に働くことでどのような状態になるかを伝える
自社で働くことで何を得ることができるのか、高額給与か、
手に職がつくのか、ワークライフバランスか、などを考える

◆どこで求人を告知するか
告知する媒体、場所によって、見せ方を変える。
店内、ハローワーク、集合広告、自社HP

● 社労士せのサポのワンポイント!
求人広告を作るときのポイントは、まず、どのような人材を求めているか、
社長さんの頭の中にあるイメージを具体的に言葉にすることです。
マーケティングと同じで、採用したい人材を明確にすればするほど、
求人を行う媒体や文章の内容が具体的になってくるからです。
ところが、この作業、意外と難しいものです。
「明るい人」といっても、明るい人の捉え方は千差万別。
ここで大事なのは、社長さんが考える明るい人はどんな人か、
「行動」に置き換えてみることです。
例えば、挨拶が先にできる人など、具体的になってくればしめたもの。
「行動」を基準に置くと、採用そのものにおいても失敗が少なくなります。