正しい求人募集の方法 ~求職者目線をもつ②~

前回、私、社労士が求人について一般の企業を見て
感じることに、「応募する側(求職者)の目線をもつ」
ことをあげました。

「求人票にはきちんと書いているよ」

「ホームページやブログにも公開しているよ」

と仰る方もおられると思います。

そこで、求職者目線を考える前に、自社のお客様に対し、
どのような態度をとっているかを考えてみてください。

お客様は会社が存続していくうえでなくなはならない
存在です。

そのお客様に対して、誠実な企業であれば、そのような
対応をしているはずです。

ところで、求職者に対しても、同様のことをしていますか?

「求人票にはきちんと書いているよ」
「ホームページやブログにも公開しているよ」
と仰る企業の多くは、自社が伝えたいことしか伝えていない
ように思います。

「求職者が知りたいことは何か」という考えが必要です。

そのためには、自社が採用したい人物像を描くことから
始めなければならないでしょう。

競合他社はどのような求人を出しているのか、情報収集も
しなければいけません。

「求職者目線」をもつことで、やるべきことが具体的に
なってくるの実感できるはずです。

ぜひ、皆さんも「求職者目線」を忘れないでください。