社会保険料適正化(節減)5つの方法20150701

●社会保険料適正化(節減)5つの方法

社会保険料を適正化(節減)する方法は限定されているといってよいでしょう。
①4、5、6月の残業を減らす
・保険料は4~6月に支給した給与で決定されます
②昇給月を7月にする
・上記から4~6月の期間を外して昇給します
③標準報酬月額保険料表の幅におさめる
・保険料は等級により給与月額に幅があります
④賞与を給与に加算する
・厚生年金保険料は62万円が上限です。
 つまり、この額以上であれば保険料は変わらないということです。
⑤賞与を年1回の支給にする
・賞与にも上限額があります。これを利用します
 なお、④⑤は役員等限られた社員にしか適用しにくいため、
 一般社員には①~③がやりやすいでしょう。