Excelで作成する算定基礎届に必要な3つの様式

毎年、健康保険及び厚生年金保険(2つをあわせて「社会保険」という)の被保険者の実際の報酬と
標準報酬月額との間に大きな差が生じないようにするため、
7月1日現在で使用している全ての被保険者に4~6月に支払った賃金を、「算定基礎届」によって
届出することにより、毎年1回標準報酬月額を決定します。(「定時決定」という)

「算定基礎届」により決定された標準報酬月額は、原則1年間(9月から翌年8月まで)の各月に適用され、
保険料の計算や将来受け取る年金額等の計算の基礎となります。

ちなみに、算定基礎届の提出の対象となるのは、7月1日現在の全ての被保険者です。
ただし、以下の(1)~(3)のいずれかに該当する方は算定基礎届の提出が不要です。
(1)6月1日以降に資格取得した方
(2)6月30日以前に退職した方
(3)7月改定の月額変更届を提出する方

届出用紙(算定基礎届等)については、毎年5月下旬から6月までの間に順次、事業所あてに送られてきますが、
送られてきた用紙によらず、エクセルで算定基礎届を作成することもできます。

「算定基礎届のエクセル(Excel)ファイル書式は、日本年金機構のホームページよりダウロードできます。

算定基礎届エクセルファイル形式ダウンロード・日本年金機構のホームページより