高校生の就職内定率は84.1%と前年度より4.9ポイント上昇

厚生労働省は、このほど、平成27年3月に高校や中学を卒業する生徒について、

平成26年11末現在の求人・求職・内定状況を取りまとめました。

対象は、学校や公共職業安定所からの職業紹介を希望した生徒です。

【高校新卒者】(第1表)

○ 就職内定率   84.1%で、前年同期比4.9ポイントの増。

○ 就職内定者数 約14万7千人で、同8.9%の増。

○ 求人数     約30万3千人で、同27.6%の増。

○ 求職者数    約17万5千人で、同2.6%の増。

○ 求人倍率    1.73倍で、同0.34ポイントの増。

【中学新卒者】(第2表)

○ 求人数     1,245人で、前年同期比14.3%の増。

○ 求職者数    1,313人で、同8.4%の減。

○ 求人倍率    0.95倍で、同0.19ポイントの増。

(参 考)

平成27年3月高校・中学新卒者の選考・内定開始期日は、全国高等学校長協会、

主要経済団体(一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会)、

文部科学省及び厚生労働省において検討を行い、次のように申し合わせています。

・ 高  校 平成26年9月16日以降

・ 中学校 平成27年1月1日以降(積雪指定地域では、平成26年12月1日以降)

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000067017.html