戦略社長塾


平成27年1月20日に開催した、いばら戦略★社長塾「営業力を3倍高める法4回目」へ
参加された方の感想をご紹介します。

(以下↓)
●介護施設勤務さま
今回は、先月に引き続いて営業販売員の質の高め方という項目について勉強をしました。
自分たちがやっているケアマネジャーの業務というのは、契約を結ぶまではスポット型の
営業が必要で、一度契約を結んでいただいた型は、継続型の営業が必要な職種だと感じました。

初回面接→契約までで行う営業的な話と、契約をしてからの営業的な話は話の内容がかなり違います。
契約をもらうまでは介護保険の説明であったり、今後の生活を支える為にケアマネジャーが
どんな事ができるかを説明します。

契約を結んでもらってからはより具体的にその方の生活が楽になるように、サービスの説明をして、
支援につなげていきます。

どちらも必要な能力ですので、この能力の身につけ方については色々考えておく必要があるなと
感じました。

私達の仕事は介護保険で9割のお金を貰う形の仕事ですので、それほどお金の回収に問題がある
わけではありませんが、2ヶ月利用料金の支払いが滞った場合は、今後のサービス利用をするに
当たって金銭的な問題が出ていないかどうか話し合いを行っています。
金銭の支払いが厳しいのであればサービスの利用回数を減らしてもらうようにもします。

一般の会社であったら大型の取引をして支払いをしない場合は、大きなマイナスとなるので、
より敏感になる必要がある事も分かりました。
取引会社の経営がどのようになっているのかを知ることも重要なことだと理解しました。
与信管理会議というのは正直聞いた事がありませんでしたので勉強になりました。

自分自身の仕事の原価がどのくらいになっていて、どのように利益を生んでいて、そして
純利益はどのくらいなのかは把握はしていましたが、それほどいつも頭に残っているわけではありませんでした。

今回の勉強中にそのことを考え直す事ができてよかったです。

質についてウェイト付けをしていくというのは、とても役立つものだと感じました。
どの質を上げる事が一番自分達の仕事にとって大事なのかその事を従業員にも理解してもらう必要もありますね。

●住宅リフォームさま
営業のタイプによってアプローチの方法が違う事がわかった。
1ヵ月の行動計画を立てて、効率的な営業活動ができるようにしたい。

小口工事の際は、完了時に代金を回収すると経費が少なくて済む。
あいさつはコミュニケーションの基本。感謝する気持ちが大切。

お願い事はお互いに記録が残る方法で。
実質上の営業費を意識する。(年収の4倍の粗利益を確保する)

分の年間粗利益額を知って、意識して行動する。
社員も社長も自己啓発に取り組んで質を上げる。→身銭をきる

弱者の戦略で経営する。
会計の知識を身につける。

積極的な思考で前向きに取り組む。失敗を恐れず出来る方法を考え出す。

(以上↑)

いつも長文のご感想を有難うございます。ご自身のお仕事に置き換えて考えられている
ご様子がよくわかります。これぞ「戦略」という感じですね。(塾長 妹尾悟より)

平成27年1月29日に開催した、ふくやま戦略★社長塾「営業力を3倍高める法4回目」へ
参加された方の感想をご紹介します。

(以下↓)
●ガソリンスタンド経営さま
ニュースレターのサンプルを作りました。
継続して続け、お客様に楽しんで利用していただけるよう頑張ります。

●保険代理店さま
営業の真髄を学べて、本当にありがたかったです。
色々な戦術、戦略を教えていただきましたが、最終的には訪問面会回数が
一番大切だなぁと思いました。ニュースレター、はがき、TELなども
もっと充実していきたいなと思います。

●パソコン修理・販売さま
営業を今までしっかりやったことがないので、今回のセミナーの内容と
周りの皆様の努力される姿に感化され、宣言したニュースレター創刊へとつながり、
新しい営業方法へとつながりました。
これがいい方向に向くよう引き続き努力しようと思いました。

(以上↑)

ふくやま戦略★社長塾へご参加の皆さまは、次々にご自身のニュースレターを
発刊されています。今後がとても楽しみです。(塾長 妹尾悟より)

平成26年12月16日に開催した、いばら戦略★社長塾「営業力3倍法3回目」へ
参加された方の感想をご紹介します。

(以下↓)
今回は、営業販売員の質の高め方という項目について勉強をしました。
営業の質という形が見えにくい物の重要さと、質を上げるとはどういう事なのか
について考える事ができました。

営業員の質というのは単純に接客態度であったり、商品知識があるだけではなく、
顧客との関係を密にする方法を考えれる事だと思います。
訪問回数が少なければ応用を利かそうにも利かす機会がありません。
営業員がいくら知識を持っていたとしても披露をする場所がないと置き換える事も
できると思います。
そして、営業をする場合は「むやみやたらに活動をすればよいと言う物ではない」
という事も考えておかなくてはなりません。
強者なら一律に営業をすればよいのかもしれませんが、弱者の営業戦略は、
限られた時間で、最大限効果が出るような営業ポイントは、より大きく稼ぐことが
出来るように考えていかなくてはなりません。
より効果的に稼ぐ事が出来るポイントの所に訪問回数と接客時間を費やすと必要がある
という事を再確認しました。
日常の業務の中では、話をしている事業所が、SAランクの事業所なのか、Aランクの事業所
なのかという事を意識はしていません。
意識しすぎると態度に出て相手に不快な思いをさせてしまう可能性もあるかもしれませんが、
何のためにこの営業活動をしているかと言う概念を意識の中に取り入れることは重要な事だと思います。

今回は具体的に、滞在時間中にどのような事を話すると効果的なのかという事も学ぶ事ができました。
勉強の中で、自分の理想となる商売相手はどのような人なのか、架空人物(ペルソナ)を
考えると言う事は勉強になりました。
架空人物に対してどのような事を考えて営業をしたら良いのかプリントの中でかなり参考となる部分が
ありました。
今回一緒に勉強をしたSさんはリフォーム等工事をされていますが、自分が浅口市という地域で
リフォームを商売としてするのだったらどのような姿勢で、どんな層を対象に営業活動をしていくのだろうか
と置き換えて考えて見ました。
Iフォームさんのように、金光町を中心として10分圏域を主要な営業範囲として、
他のリフォーム会社もやっていない顧客が獲得できる商品作り、営業戦略はどのような事があるだろうか?
と考えながら取り組みました。
あまり良いアイデアは浮かびませんでしたが、そうやって実践力を磨き続けたいと思います。
今年一年お世話になりました。来年もまたよろしくお願い致します。

(以上↑)

いつも長文の感想を有難うございます。
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。
(妹尾)

● ガソリンスタンド経営
・訪問面会数(お客様と接する数)がどうやれば増えるのだろうと悩んでいましたが、自分の仕事を
 一度棚卸をし、他の人にまかせられることや、訪問できなくても、メールや葉書等を仕組み化して
 いけるようにしなければなと、感じました。

● パソコン販売・修理
・自分がやっている仕事の内容を検証することで、量と質を考える重要な参考になりました。
 特にマトリックス図を使った見直しは実行します。ニュースレター、はがきコミは実行しなければ!!

● 保険代理店
・訪問面会件数を増やす事が、効果が2乗になる事に驚きました。
 今後は1.3倍から1.5倍の訪問回数にしたいと思いました。

2014年8月19日、いばら戦略★社長塾「地域戦略 ~強い地域の作り方~」へ参加された皆さま
感想をご紹介します。

●福祉業界
・今回は強い地域の作り方について学びました。陶山訥庵の戦略の大垣と内垣について
 意識することができました。
 営業のやり方一つでも販売と福祉業界は違うのだけれども、訪問回数や訪問の質、
 相手が何を求めているかの情報収集、情報分析の意味合いなどは応用できる部分が
 あります。
 
以上

2014年8月21日、ふくやま戦略社長塾「地域戦略 ~強い地域の作り方~」へ参加された皆さま
感想をご紹介します。

●ガソリンスタンド 経営者様
・新規開拓として、ポスティングをしたり、訪問をしたりと、行ってきましたが、
 初めてやる事なので計画や予想まで達しなかったことが多かったです。
 手引書、量、質、どれも改善が必要だと感じました。

●パソコン修理販売 経営者様
・自分がエリア内一位なのか? はたして自分がパソコン修理一位なのか?
 お客様はどこにパソコン修理をお任せになっているのか?
 アンケートをとってみたくなりました。

●ハウスクリーニング 経営者様
・基本的な事を続ける事が大事だと思いました。
 1位作りを常に意識してやることが必要だと思いました。
 
以上

2014年7月17日、ふくやま戦略社長塾「地域戦略~最大範囲の決め方~」へ参加された皆さま
感想をご紹介します。

●ガソリンスタンド 経営者様
・利益性の仕組みですが、改めて自分の仕事内容を時間単位で分けてみると
 生産性が低いことばかりやっているなと気づかされました。
 自分そうですが、自社に戻り会議で説明しスタッフにも気づいてもらい
 今後の活動に活かしてみます。

●保険代理店 経営者様
・訪問型営業をしていますが、お客様との面談・コミュニケーション時間を増やすには
 移動時間を減らすというのがとても重要だということがよくわかりました。
 いかに効率よく無駄のない動きができるかが大切なんだということで明日からすぐ
 実践したいと思います。

●ハウスクリーニング 経営者様
・本日は時間についてのお話しが非常に参考になりました。
 限られた時間の中でいかにムダを省き無理をせずやっていくかが大事だと思います。
 常に頭の中に入れておくことが大事ではないかと思います。

 以上

2014年3月15日、いばら戦略★社長塾「ニュースレターの作り方・活かし方」へ参加された方の感想をご紹介します。

●ガソリンスタンド経営
 本日は「NLの作り方」の講座、大変勉強になりました。ありがとうございました。
 ガソリンスタンドを営んでおりますが、ガソリンという商品は他との差をつけにくいものなので、
お客様とのつながりを太くするツールが必要だと、以前より考えておりました。
 ぜひ、NL、取り入れてみたいです。ありがとうございました。

●システム構築・パソコン修理
 ニュースレターの代わりにFacebookを活用していましたが、
「手書き」の味を活かす方が人の気持ちに直接訴えかけることができる
ことがわかった。昔やっていたように、ネタを探し出すことを楽しみながら、
ニュースレターを作り始めようと思う。

●保険外交
 ニュースレターの書き方は、すごく興味があったのでありがとうございました。
基本的な事が分かったので、どんどんチャレンジしていきたいと思います。

●石材加工・販売
 ニュースレターのセミナー参加は初だったんですが、概要だけでなく、
実際に作る所までセミナー内で出来たので、とても実のあるセミナーでした。

●司法書士
 ニュースレターの作り方を一から、しかも単なる座学ではなく
ユーモアを交えてしかも自分で実際に作りながら学べたので、大変役に立ちました。

 以上です。

 皆さま、有難うございました。m(__)m

2013年9月12日、ふくやま戦略社長塾「営業戦略」へ参加された方の感想をご紹介します。

●ガソリンスタンド経営
・本日は、久々に参加させて頂きました。
 また、妹尾先生や参加されている皆さんとディスカッションで、
 エネルギーを頂きました。ありがとうございました。

●生保外交員
・広告も使い方で、おもしろいと思いました。
 販売系のお客様に、こんな話を紹介したいと思いました。

●パソコン販売・修理 代表者様
・広告を出すことを長期間やっていませんでしたが、やり方を変えていくと
 出来そうな広告もありそうだと気づきました。

 以上

2013年7月18日、びんご戦略社長塾「営業戦略」へ参加された方の感想をご紹介します。

●ブライダル事業コンサルタント
・ありがとうございました。いつも自分の事業の事と、クライアントさんの事と
 二重に考えたり、当てはめて聞いています。
 仕組みを考えて作って、確実に行う事は何事にもあてはまると
 改めて感じました。学んだ事を形にする努力をさせて頂きます。
 今日もわかりやすくご説明下さり有難うございました。
 いつも思う事ですが、もっと沢山の方にもこのランチェスターの話しを
 お聞きいただきたいと思います。
 まだまだですが、これからも学ばさせて下さいませ。
 暑い日々になって参りました。お体ご自愛くださいませ。

●パソコン販売 代表者様
・営業戦略の立て方を間違えると、自らの足元をゆるがしてしまうかもしれないことに
 気付かされました。特に、「弱者の戦略概念」で、「軽装備」であることと、
 「重点主義、集中主義」であることは、少々反省点があるので、今一度見直して
 いきたいと思います。

●生保外交員
・今回は、実際の自分の営業にあてはめて考えやすかったので
 参考になりました。
 目的、目標、戦略、戦術、仕組み、ごちゃごちゃに考えていた事が、
 整理されてよかったです。

 以上

2013年5月15日、いばら戦略社長塾「営業戦略 第2回目~強者の営業戦略~」へ
参加された方の感想を一部、ご紹介いたします。

●製造業 社長さま
 ついつい強者の戦略をやってしまいがちなので、頭の中を整理して
もう一回トライします。
「客層、ターゲット、商品をしぼる。手間をかける。」

●製造業 社長さま
 強者の戦略をわかっているようでわかっていなくて、ついつい強者の戦略で
やってしまいがちです。弱者の戦略をもっと学んでいきたいと思います。

●介護業界
 今回の社長塾では強者の戦略を学びました。
 今までずっと弱者の戦略を学んできたので、逆の考え方の強者の戦略を知る事も
とても勉強になりました。
 学んでいくうちに、弱者なんだけど、強者の戦略を取ろうとしている事業所が多い事に
気が付きました。大手の新聞や折り込みチラシに広告を打って、不特定多数の人に
営業戦略を欠けることで沢山の利用者の獲得が出来ると考えている人が周りにも多いように感じます。
 身近な事からしっかりと土台をつくっていく営業のやり方よりも不特定多数の営業広告を
打つことの方がより効果が期待できると考えて少しでも広告宣伝費にお金をかけようとしている
事業所が介護業界の中でも割合多いです。
 小さな事業所でもその戦略をとっている所があるので、今考えればその戦略では
大手の事業所にかなうべくもない事がわかりました。

2013年4月25日、びんご戦略社長塾「営業戦略」へ参加された方の感想をご紹介します。

●パソコン販売 代表者様
・ランチェスターという人に興味が出ました。
 単語に横文字が少なく、とてもわかりやすい内容でした。
 「戦略」と「戦術」を間違えると、会社全体、組織全体が
 ダメになることを自覚するようにしなければならない事を思い知らされました。
 自分に足らない所、特に営業のやり方(3日間5カウント制など)を参考にして、
 今後の営業戦略を立てて実践していこうと思います。

●司法書士事務所 所長様
・分かりにくい言葉を使わずに、本当は難しいことを簡単な言葉で説明するスタイルがいいです。
 営業形態の種類について、サービス業の分類が聞きたいと思いました。
 具体的に実践してみないと、お話の真意は分からないのかな、と思いました。
 成年後見業務等、利益追求とは少し違った仕事の取組み方のお話も聞いてみたいです。

●生命保険外交員
・営業の目標が明確になってよかったです。
 仕組みづくりの大切さを改めて実感しました。

2013年4月24日、いばら戦略社長塾「営業戦略」に参加された方の感想をご紹介します。

●製造業 社長様
・竹田先生の的確な内容をわかりやすく説明したDVDで妹尾様の具体的に
 ポイントを教えて皆さんの意見を発表しあえる環境がとても勉強になりました。
・他の勉強会には参加していないので、分かりませんが、充実した勉強会に感じました。

●製造業 社長様
・この場での気持ちを実践の場へ活かしていきたいと思う。
 他社の経営者の方々の意見、感じ方がとても参考になる。
 少人数なので、生の意見が聞きやすい。

●介護業 
・今回の社長塾ですが、一番頭に入ったのは、商品を売り込むための営業には、
 戦略が必要という事です。
 戦略がなく、戦術ばかり次から次へと繰り出しても後に続かないし効果が出ない。
 職員に漠然と営業の教育をしても職員も戦略の方向性を理解していなければ、
 やっただけになってしまう。
 意味を伝えた上で戦術を考え戦術を実践する為の訓練を行う事が重要だと思いました。
 営業戦略の仕組みづくりをしっかりと考えておかない訓練や研修もその場限りの事に
 なってしまいます。
 この仕組みをつくるのは社長の役割なので、頑張っていきたいと思います。

●製造業 社長様
・営業戦略は、初めてですが、とても参考になりました。
 お客様、ライバル、会社の中間に立ってものを考えるということを
 大切にしないといけないとよく分かりました。
 また、入金をすることにたずさわった方すべてにお礼を行う行動には
 とても感動しました。

ホームページリニューアルに伴い、ブログもホームページ集約する事になりました。

今までの「福山市・岡山市・井原市で竹田ランチェスター戦略を勉強する会「びんご・いばら戦略社長塾」」は
以下より閲覧可能です。

http://plaza.rakuten.co.jp/senojimu/